会社概要・沿革

社名 朝陽堂印刷株式会社
個人創業 1892年(明治25年)
会社設立 1952年(昭和27年)
従業員数 73名
役員 取締役社長 高橋東作
  常務取締役 高橋洋之
本社・工場 〒601-8033 京都市南区東九条南石田町1番地
地図 詳細地図はこちら
事業内容 商業印刷物の印刷加工、企画制作、学習参考書、保育教材の印刷加工、
  教材地図、道路地図の印刷加工、紙器加工
関連会社 株式会社京都ぱど
  〒601-8033 京都市南区東九条南石田町1番地
明治25年03月 初代(創業者)高橋貞次郎が松原通柳馬場にて石版印刷業(手刷)を創業。高橋朝陽堂と称する。
大正12年08月 高橋久次郎が相続。従来の石版印刷よりオフセット印刷へと発展する。
昭和20年05月 企業整備の嵐の中、京都市内で継続営業を行う3社の内1社として残る。
昭和21年04月 従来の設備へ、新たに4/6全版1台、半截2台を増設して終戦時の混乱期に関西印刷界復興の口火を切る。
昭和27年03月 従来の個人営業より法人組織に変更し、資本金200万円にて朝陽堂印刷株式会社と改称。代表取締役に高橋久次郎就任。
昭和35年05月 資本金を600万円に増資、施設を増設して印刷機の自動化を行う。
昭和36年07月 南区東九条南石田町の現在地に新工場を建設し、全設備を移転。同時に代表取締役に高橋清二が就任し、前社長高橋久次郎は会長に就任する。
資本金を1,200万円に増資。
昭和40年03月 資本金を2,400万円に増資、設備の近代化の口火を切る。
昭和42年04月 企画制作部門としてサン・ドールを設立。
昭和50年06月 社屋増築工事完成。製版、写植、版下、印刷部門を新たに移設。
昭和60年08月 上鳥羽オフセット輪転工場新設。
昭和62年06月 資本金2,640万円に増資。
昭和63年10月 大阪営業所開設。
平成元年04月 デジタル化、DTP化に対応して(大日本スクリーン製)レナトス導入
平成06年04月 代表取締役に高橋督治就任。
平成06年12月 前社長高橋清二は会長に就任。
平成10年09月 フィルムレスのCTPを導入(大日本スクリーン製)
合理化運動、3S活動を開始。
平成11年11月 上鳥羽オフ輪工場を本社にまとめる。
平成12年02月 物流強化のため東倉庫を建設。
平成12年07月 品質国際規格ISO-9002取得
平成13年11月 資本金を5000万円に増資
平成15年03月 品質国際規格ISO-9001認証
平成15年09月 CCM(コンピューターカラーマッチングシステム)導入
平成15年11月 代表取締役 高橋督治 旭日雙光章 受賞
平成17年04月 KES・環境マネジメントシステムスタンダードステップ1認定
平成18年05月 株式会社 京都ぱど 設立
平成18年05月 代表取締役に高橋東作就任。
平成18年10月 前社長高橋督治は会長に就任。
平成23年03月 JAPAN COLOR 認証工場
平成27年09月 ものづくり補助金交付事業者として品質検査装置導入